2013年06月03日

ぎふもこ勢力レビュー アポカリプスの魔剣・後編

勢力レビュー後編です。「勢力:碧鱗ノ國/鷹眼の行進歌」をレビューしています。
深き者ども/炎のラビリンス/モンブラン錬金研究所前回のレビューで分析済みなので、新カード追加後の簡単なまとめという形式になっています。

前編はこちらからどうぞ。
(注意:勢力分析はブランニュー環境の視点で分析しています)

碧鱗ノ國

○構築
・高峰椿
ユニットを全部3枚入れたとしても15枚なので、ブランニューで構築するには他の勢力と合わせる必要があります。
アイテム重視ならミノタウロスやバードマン、スペル重視なら水スペルを使えるユニットと混ぜていくことになると思います。

・ニット
まだ6枚しかないですが、狂霊化と組めば一応形にはなると思います。
水属性お得意のスペル、アイテムの両方入ったバランスデックになりますね。

・迷宮王みづのー
パーツ少なくてにんともかんともって感じ。チャージ持ち多数&碧鱗の大瀑布から察するに先攻パンチな勢力だと思うのですが、中途半端なイニシでは神獣の乙女には全くかなわないので、水バラっぽいデックを組むことになるんじゃないでしょうか。精霊たちの狂宴の水属性部分と混ぜたい。

○英雄
・高峰椿
手札を使わず毎回強化ができるチュエンは強いです。
先攻が狙えるシャンシンも強力ですが、ユニットが全部リザードマンという構築にはならないので意識してコストを残すようにする必要があるかもしれません。
非英雄は全てチャージ持ち。アイテムとスペル合わせて3枠あったり、普通タイミング6点出せたりといろいろおかしい。

・ニット
5種のユニットがどれも優秀なので全部3積みで。後はオーシャン・ロードナイトヴァイオレットで何とか。

・迷宮王みづのー
碧鱗の四将軍チュエンは先攻も後攻も戦える万能選手。火枠はバトル・クライフラッシュ・デトネイターに使いたい。
非英雄なのにアイテムとスペルを計3枠持ってる碧鱗の揚陸船も強いので必ず入れましょう。

○その他
・高峰椿
チュエンの火枠を能力で使用すると割り切れば火のスペルにこだわる必要はありません。
水スペルだけで組んでもいいし、足したユニットが水土だったり水魔だったりするならそちらに合わせてもいいと思います。
先攻が狙える碧鱗の大瀑布はぜひ採用を。

・ニット
水スペルタッチアイテムのバランスで組めば大体のことはまかなえます。
地形は碧鱗の大瀑布が強いので優先採用です。

・迷宮王みづのー
先攻取りに行くために碧鱗の大瀑布必須。タイプ:魔海や百億の昼と千億の夜を潰すのにも使えます。
スペルは水枠が豊富なのでリップルポイズン・スプラッシュといった定番どころを。
アイテムは、水枠で触れない特殊能力対策とアイテム対策を採用。勇敢の薬も入れたい。

○総括
・高峰椿
基本的にはネオスタンダード構築向けです。
とはいえ、他の勢力と組み合わせればブランニューのデックが作れないわけではないので、考えてみる価値はあるかもしれません。

・ニット
次から本気出す。でも今の戦力でもある程度はやれそう。

・迷宮王みづのー
紅河ノ國や海賊都市クロスボーンと組めと言わんばかりの勢力なので、ブランニューで使っても真価を発揮できません。次ブロックでも登場するはずですが、ブロックが違うからブランニューでは一緒に使えないんですよね・・・。

鷹眼の行進歌

○構築
・高峰椿
枚数制限解除のユニットがいるので勢力単独でデックが組めないわけではないですが、先攻が取れません。
ミノタウロスやリザードマンと混ぜることもできそうですが、イニシアチブ面はそれほど改善されません。

・ニット
ブランニューで組むなら牛と組んで重アイテムかフォクシアと混ぜてバランスでしょう。ネオスタンなら風神&雷神と、オープンならブロック1バードマンと合わせられます。

・迷宮王みづのー
碧鱗ノ國以上にカードの足りない勢力。バードマンなので当然先攻メインなんですが、イニシ付与するカードがひとつたりともないので、やはり他所から調達してくる必要があります。鉄巨兵セレスジャイアント・ウィングを引っ張ってくるといいかも。

○ユニット
・高峰椿
レッドホークのアイテム2枠は強いです。
錬金生物のいないデックにアイテム枠のためだけにモンブランを入れているなら、入れ替えを検討してもいいかと。
先攻が取りやすく普通タイミングのダメージ源にもなる紅鷹のサンダーシップも優秀。
ダメージが増えると書いてある部分は無視して、5点ダメージで使っても十分です。
2レベル帯も攻撃力アップ普通タイミングダメージチャージ持ち先攻アイテムデックに役立つ人材がひととおり揃っています。
しかし、一番肝心な先攻を取りに行くユニットがいません。

・ニット
レッドホークは良いですね。しかし、後は特筆するべき強さはないと思います。

・迷宮王みづのー
攻撃力を上げつつ1枚手札を補充できるレッドホーク偵察兵がいい感じ。先攻取ったら迷わず能力使って相手の出方を伺いましょう。他のユニットも傭兵として優秀です。攻撃隊長の不在が嘆かれる。

○その他
・高峰椿
細かいユニットを並べて殴るデックになるので、勇敢の薬は相性いいです。
普通タイミングの能力を止められてしまった後、残りのユニットが攻撃するという場面でも有効。

・ニット
勢力としてはユニットしかありません。しかしバードマンを使うなら勇敢の薬は必須と言えます。

・迷宮王みづのー
ユニットしかないのであまり書くことはありませんが、防御上げても仕方ないので攻撃力の上がる勇敢の薬を入れましょう。

○総括
・高峰椿
環境の他の先攻型の勢力と比べても、防御力が薄くスペルも使えないため、後攻になってしまうとどうしようもありません。
にもかかわらずイニシアチブを加速するようなカードがないということは、「ネオスタンダードで遊んでね」ということなんだと思います。
ユニットの性能自体は悪くないので、他勢力のアイテムデックに何枚か出張するという使い方になると思います。

・ニット
リザードマン以上にまだ本気出してません。次に期待です。

・迷宮王みづのー
碧鱗ノ國同様風神&雷神と組めと言わんばかりの勢力なので以下略。
ブランニュー環境でこの勢力メインのデックと戦うことはないと思います。
が、傭兵として採用するにはいいスペックのユニットが揃っているので、見かけることは多いんじゃないでしょうか。

深き者ども

○ユニット
・高峰椿
ダゴンは攻撃対抗で止まったりせっかくコストを払ったのに同時で死んだりと、そこまで絶対的な存在ではないと思います。
ディープ・ダイバーキラー・オクトパスの追加で6レベル中心の構築は大幅強化。

・ニット
ユニットが増えすぎて何を入れていいのか分からない感じですが、ダゴンデックでは地形多めの構築になるので、展開力を意識したユニットチョイスが必要でしょう。

・迷宮王みづのー
前世では残念ユニットだったディープ・ダイバーですが、今回は対策してないとこれ1枚でボコボコにされかねないくらい強くなりました。基礎防御割れしている点でバブル・クラブに劣るものの、スペル枠も多いので、6レベル帯が渋滞しているようならばこちらを多く採用したほうがいいと思います。
ボスである魔海神ダゴンは、8レベル英雄なのにスペル枠が2つしかないため、何も考えずにデックに入れても強くありません。ダゴンを使うなら意識して魔海地形を増やすなど工夫が必要です。

○総括
・高峰椿
サザンの聖角獣時点では、レアリティの高いカードが多く含まれ、深きものもたくさん必要という地味にハードルの高い勢力でしたが、ユニットの選択肢が増えたおかげで、とりあえず持っているカードで試してみるということがやりやすくなったと思います。

・ニット
意外にも、アシラトさんの、残ってました。
各大型ユニットに違う個性が与えられているため、環境に応じてメンバーチェンジが利くのは良いところでしょう。

・迷宮王みづのー
普通/対抗で全体ダメージをバラ撒けるディープ・ダイバーの追加はとても大きい。ブランニュー環境トップメタ勢力である神獣の乙女に対して有利に立つことができます。
フィアーペインという使い勝手のいい魔のスペルが増えたのも追い風。

炎のラビリンス

○ユニット
・高峰椿
銀角はミノタウロスの英雄と並べるよりは、蟻と一緒にゴリ押しみたいな使い方のほうがあっているかもしれません。
クリムゾン・ガードは突然出てきて防御6、うっかり生き残るとディフェンダー。
いつもそううまくいくものではないですが、別にこれがやられたところでたいして痛手というわけでもありません。
同時でもレベル分の攻撃力はあり、気軽にぶつけていけるので蟻デックにはぴったり。

・ニット
2種追加ですが、あんまり変わってないです。蟻メインの方は銀角で先攻取りやすくなりましたが牛メインにはほぼ影響なし。寧ろレッドホークが入りそう。

・迷宮王みづのー
オズボー将軍「銀角」はクセが強く正直使い辛いです。先攻取れるかどうかは相手のデック次第なので・・・。オズボー将軍「金角」と違って、後攻取ると攻撃力すら上がらないのもマイナス点。使うならミノタウロスの戦斧を持たせておきたいです。
クリムゾン・ガードは基礎値が高いのでキング・クリムゾンの壁にいいかも。ただ、4レベル帯には既にクリムゾン・ジェネラルという7/7のバケモノがいるんですよね・・・。

○総括
・高峰椿
ミノタウロスの戦斧で細かいユニットを対策できるようになったのはうれしい。
ミダスの次元回廊もありますが対象になるユニットはそれほど多くありません。
地形を入れるなら護法陣のほうがいいような気がします。

・ニット
装備品が入ったことで毎回必死対抗しなくてよくなり、運用が多少楽になりました。
地形は強いのでしょうが入れる余裕が・・・。

・迷宮王みづのー
ミノタウロスの戦斧が追加されたことで、苦手だった神獣の乙女のワラパンに対応できるようになりました。オズボー将軍「金角」に装備すると変な笑いが出るくらい強いのでオススメ。

モンブラン錬金研究所

○ユニット
・高峰椿
Zモンブランどうみてもエティンより強いです。

・ニット
Z(ズィー)モンブランが追加。これはひどい。金剛神はどんどん強くなりますね。
それに引き替え・・・。

・迷宮王みづのー
Zモンブランが追加。やってることはグレート・モンブランなんですが、錬金生物になったのでデメリットがすべて消えてメリットのみの存在に。
ただ防御力が6点なので、パラスアテネ程の安心感はありませんね。耐性:混沌もブランニュー環境ではほぼ無意味ですし。

○総括
・高峰椿
ヘッツァー魔石の追加は大きい。
ハデスやパラスアテネの枠からスペルを撃つような構築も、ぬいぐるみに*枠があるのでやりやすくなりました。

・ニット
ヘッツァーは良いカードですが、錬金生物にそこまで必要か、ちょっとわからないです。

・迷宮王みづのー
この勢力のカードではありませんが、黄金熊のぬいぐるみが収録されたお陰でこれまで以上に無駄なくスペル入りのデックを組むことができるようになりました。

勢力レビュー:アポカリプスの魔剣編は以上です。
要望などありましたらコメントしていただけると幸いです。
次回はトライアルデック「獅子姫」「闇騎士」のトライアルレビューを予定しています。
それでは〜
posted by 管理人 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 勢力レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365109219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック