2011年08月16日

暗黒卿の手記 第5回 召喚術師考察編(その2)

注意 ブシロードのカード発売前に書いています。
エラッタ、制限カードについては考慮してありますが、新カードについてはあんまり触れていません。
そのあたりは考慮して読んでくださいね。




暗黒卿の手記へようこそ。
今回も8月ぎふもこのサブイベントの召喚術師戦の紹介についてかいてみよう。
夏休みということで更新頻度を上げて一気に片付けていくので心して読むように。
もっとも夏休みというものはこの暗黒卿には存在しないものなのだが・・・・・。
お前らが休みで暇でしょうがないというから、仕方なくやるのだ。感謝するのだぞ?

ミルクの手記

各論を書く前に、制限に種族統一というものがある場合、複数種族があるカードを入れることはできない。
従って、ラインズベルなどはドラゴン統一のシルクやミルクには投入できないので気をつけるように。


カオス
序盤の運用しだいであろう。
3ターンしのぐことができればたいていの相手に互角以上に戦えるだろう。
通例はユニット多めで組む。
そうでないと頭数が足りず開幕KOになりうるから。
2レベルと芸のできる3レベルを多目につんで戦闘をひたすら仕掛けていく感じが得策であろうか。
土単で組んでサルガタ無双をしてみるのもありかもしれない。


セト
このままのテキストでは老衰で死んでしまいそうだったので暗黒卿がルールを捻じ曲げておいた。感謝せよ。
この術師能力で捨て山から英雄を召喚する場合英雄点の支払いは発生しないということにしておいた。
とはいえ、Sレギュの時間獣のような規格外生命体は英雄でも難しいのでそうなることであろうか。
まともに組むならばドラゴンでセイクリ、デーモンでダゴンやアスタロトを呼んだりすることなのだろうが。
頭がいい生き物だと意外とバードが候補に挙がってくるのかもしれない。
特に本番ではアルフレアがでた直後になるんだろうし。
不死鳥が頭が悪い鳥だったとしても責任は取らぬのであしからず。
『僕は悪くない!』 ←こういっておけばたいていのことは許されるのだろう?

(……コンコン)
誰だ?オンエア中だぞ?後にしろ。

カンペ 『ブシロードのカードだとバードとアニマルが統合されてビーストになるらしいですよ?』

なん...だと?
つまり暗黒卿御用達のキーオウがもはや伸び代のないカードに成り果てるということか?
み、認めぬ、断じて認めんぞ! ブシロードに抗議の電話をして(ガシャン)



・・・ツーツーツー。しばらくお待ちください。


すまない、取り乱してしまったようだ。俺は正気にもっどたから安心してくれ。
前線にうっかり呼べたりするのでリミット大き目の地形でセイクリを回すのが一番強いのではないだろうか?


ミルク
種族統一でなんでも即時ができる。つまり、大きな生き物と小さな生き物がどちらも入っている種族がよいのだろう。
これは英雄がからむととたんに強くなり、特にデーモンは六皇子がいるため即時で大型が出やすいこと間違いない。
ポイズンインプのような小物がむしろ大事になってくるのかもしれない。アスモデウスやアスタロトが即時沸いてくるのだ。
あとはドラゴンか?竜姫が英雄呼べなくなったのだが、なぜか即時でバルバロッサを呼んできたりする。
2レベルのドラゴンはあとひとつ増えればかなり安定して使えると思われるが、たぶん難しいのであろうな
セトでもあげたが、バードも悪くはないのだが例の不死鳥がビーストであろうってのが気がかりではある。
やはりここも本命はドラゴンになるのではないだろうか?


マヤ
以前ブロッコリー縛りのデックシミュレーターというのを暗黒司祭M916が開発した。
これは応用が利くシステムで、それの規約文字の設定をいじるとマヤのカードプールが抽出されたりする。
詳しくはこちらをダウンロードして使ってみて欲しい。
地形は炎のラビリンスしか入らない(ブロッコリー環境で)がその他のカードはなかなかわるくない。
消耗品で組むとマッスルジェムぐらいしか防御があがらないとかあるが、スペル対策は完璧だったりする。
戦闘スペルも属性さえ考慮しなければ便利なものもいるいろある。
攻撃対抗はオーガンクラッシュにアイアンフェンス、殺すならフレイムストライク、守るならディスペルやヒュプノ
消耗品をとめるカードがないような気がするが、ハンドアドバンテージがあるのだから運用でどうにかしてもらいたい。


ブラックレギオン
ここは使いやすいものと使いづらいものが分かれるのだが、一応全部解説する。


ベルンハルト
制限が比較的軽くランダムながら焼き能力がある。
これは英雄だろが焼き払うことができる稀有な能力だ。
ダイス目と相手の構築が防御がペラかったりすると相性など簡単に覆るレベル。
ただしグレイのような騎士道精神もへったくれもない輩にはさっぱり効かないので相手を選ぶかも知れぬ。
自分は堅めに組んで長期戦にしてもよい。進軍失敗させてあとは死神の列が当たるのを待つような感じもよかろう。
誰でも使いやすい部類になるだろうか。

フェイルナン
夢はある。しかし、これが鉄壁布陣というのだから、戦争というのはよくわからないものである。
本陣のリミットが30あるのでいろいろ呼びたい放題。聖単ならグラシアとアルカナドラゴンとプラテウムを一緒に呼んでもよい。
ほかの属性であるならば精霊王クラスの生き物を滞りなく呼べるのはよいのかもしれない。
基本的にはスペルデックになりそうであるが、土であればアイテムでも組めなくもない。
もしくは土ならば怪獣だらけでタッチ程度にアイテムいれるのもよいだろう。
攻めている間は強いのだが、一旦突破されると非常にもろいので上級者向けであろうか。

テティス
ダメな女だ。
この暗黒卿、たいていのカードならば無理してでも使ってみるものだが、こればっかりは擁護ができないぐらいに厳しい術師だ。
戦闘で負けることでアドバンテージをとるデックとしてガーネットがあるのだが、これは自軍ターンの戦闘であり敵軍ターンの戦闘で負けるのは死につながる。
山札を破壊しようにも最初の枚数で負けている上、地形が禁止のため展開もろくにできない。
ガチで勝てるデックを作った上で手薄なパーティをあえて作り攻めさせる、ある意味ナメプレイレベルのデックができるならば優勝できるかもしれぬ。
これで優勝したら暗黒卿が土下座してもよい。

クレイモア
テキストが現行に即していないという意見がでたので、多少わかりやすくしてみた。
自軍ユニットの進軍が終了した場合、自軍ユニットを未行動にする。ただしこの能力は自軍山札が0枚のときのみ効果を発揮する。
つまり、山札がなければ戦闘が発生しようが再進軍可能というふざけた能力である。
ただし、ルールとして一度進軍に失敗した地形には進軍宣言できないので戦闘の発生回数は限られるのだが。
常識的に考えるならば、手札操作が得意な聖魔になるのであろうか。
メイドやダークエルフを殺しきれないと何度手札を抜かれるかわかったものではない。
ラクシオスが予備進軍でエナジードレインやバンデッドブランドつかってリリスがすり抜けて本陣へとか いうのも十分強い。
聖ならばスクルドで先攻とったら無条件で能力発動可能。あとはおねぇちゃんに任せてみるのもよいのだろう。
ぶちぎれて天地創造で山札をなくすことも可能だけど、山札はあんまり投げ捨てるものではない。
資源は限りあるものだ。投げ捨てる輩にはもったいないお化けが出るから気をつけろ。

ベルバ
即時ユニットのレベルが上がったのが逆に向かい風であるが、そんなことは割りと関係ない。
この術師の最大のメリットというのはダゴンが普通に存在できることである。
召喚術師の能力は同時攻撃では消えないため、適当に召喚して適当に進軍することが可能だ。
もしくはとヴァッセルやエレインみたいなあばずれ姉妹ががところかまわずおっぴろげたりするのもいいだろう。
ヴァッセルを使う場合は捨て山があっという間になくなるので本気を出せるのは頑張っても3回ぐらいだろうが。
ボディ・ポゼッションが使いやすくなるかもしれないがそのあたりは枠との相談になるだろう。
通常戦闘でのパーティがよくわからんのだが、5レベルに同属性即時の4レベルなどか?
能力無視して4−4でもかまわないかもしれないが。



続いて聖十字騎士団・・・

(……コンコン)
何だ、せっかく盛り上がってきてんだから水をさすんじゃ・・・・・・

カンペ 『文字数がそろそろ限界なのでここらでしめて』

・・・仕方ない。ディレクターにはこの暗黒卿の力をもってしても逆らえないからな。
今回はここまで。次回は聖十字騎士団から解説していくの見逃すな!

ではまた会おう、諸君。
posted by 管理人 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 暗黒卿の手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220698433
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック